犬も皮膚病を発症する|清潔にすることと変化を見逃さない

皮膚の異変

診察

個体差もありますが、犬はとてもデリケートな皮膚のため、手入れ方法によっては肌荒れが発生します。また皮膚病にかかると皮膚がボロボロになってしまうため、早期発見と早期対策が必要になります。犬は全身を毛に覆われていますが、緻密に毛が生えているため、汚れやホコリは内部へと侵入しにくくなっています。上部にのみ汚れとホコリは付くため、シャンプーをする時は内部をゴシゴシ洗うのではなく、上部を綺麗にします。この時に気を付けなければならないのが内部に浸透した水であり、ドライヤーで乾かす時はしっかりと乾燥させます。放置すると予期せぬ皮膚病へと発展し、症状が重くなると毛が生えてこなくなるため、そうなる前に対処します。

美容に関心がある飼い主なら週1回のシャンプーを行っていますが、通常であれば付き1回でも十分です。シャンプーは皮膚病を見分ける良いチャンスでもあり、飼い主以外が異変に気づける絶好の機会でもあります。犬は言葉を話さないため、異変を感じたり痒がっていたら即座に対処する必要があります。アレルギーやアトピーの疾患を持っている犬は、多くの場合が先天的であり、飼い始めてすぐに異変に気付きます。最初は痒がっている赤くなっている程度ですが、次第に痒がる範囲が広がっていき全身を気にするようになります。そうなると医療機関を受診する必要があるため、日頃から気付いた事があればメモを取ると良いです。皮膚病は治療を受ければ改善しますが、食事管理でも改善する場合があるため、獣医師に相談して指導を受けると安心です。

飼う上で知っておきたい

夫婦とペット

様々なペット飼われていますが犬はやはり絶大な人気を保っています。最後まで家族の一員として一緒に暮らしていくには、ダメな時はダメ、いい時はすぐ褒めるといったような犬のしつけをはじめからしっかりしていくことが大切です。もし自分で行なうことが難しいのであれば、専門のトレーナーなどに相談しましょう。

もっと見る

近年のニーズに対応

お墓

ペット供養のためのアイテムを販売する専門店では可愛らしい骨壷や遺影を飾るものなど、家族の様々なニーズに対応した商品を販売しています。特にインターネットサイトで運営している専門店は全国どこからでも購入できるので人気です。

もっと見る

プロに依頼する人が増加

ダックスフンド

近年、多くのひとが犬や猫を飼育するようになりました。このため、わがままに育ててしまったり、しつけの仕方がわからないひとも多くいます。最近では犬のしつけを専門で行ってくれるサービスもあるため、このようなところに依頼してもよいでしょう。依頼する際には信用のおける場所を探すことをおすすめします。

もっと見る